理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊 平成28年度秋募集(2016/10/1より募集開始) 体験談&説明会 開催予定日公開!
大阪以外の開催地・日程はこちら→http://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/index.html
 ・梅田
 10月1日(土)14:30~ 阪急グランドビル26階 
 10月6日(木)19:00~ アプローズタワー10階 
 10月13日(木)19:00~ BREEZE BREEZE8階 
 10月22日(土)14:30~ 大阪富国生命ビル12階
 10月28日(金)19:00~ 阪急グランドビル26階
 ・天王寺
 10月8日(土)14:30~ あべのベルタ3階
 10月19日(水)19:00~ あべのベルタ3階
 ・堺
 10月16日(日)14:30~ 堺市立国際交流プラザ6階
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2010年12月11日土曜日

青年海外協力隊の目的

 JICAのウェブサイトにあるインタビュー記事に、青年海外協力隊事務局長の方の話が載っていました。
 ↓

 青年海外協力隊に関して、3つの目的を掲げているのだそうです。

 1、開発途上国の発展と復興に貢献する
 2、発展途上国との友好親善・相互理解を促進する
 3、ボランティア経験の社会還元

 先日、青年海外協力隊の大阪府OB・OG会の月例会に行ってきました。そこで企業が青年海外協力隊に参加した人たちをどう見ているか、インタビュー調査された内容を聞くことができました。企業の社会的責任(CSR)という言葉がよく聞かれる近年、会社から協力隊員を輩出することが一種のCSR活動だという意見がありました。しかし、現職参加制度を利用し、会社に籍を置きながら途上国で2年間活動した社員は、帰ってきてからその経験を生かす仕事に就くことは稀で、多くの人はネガティブな思いを会社に対して抱くのだそうです。「同期と給与の面で差が付いた」「スタッフが変わっていて〈あんた誰〉みたいな扱いを受けた」「事務的な過程が多く、話がなかなか前に進まない」・・・帰国後、もと居た会社を退職する人が多かったそうです。
 企業のグローバル化などがやっと謳われるようになった日本では、社内完全英語化を実践している企業が出始めています。こうやって、ドンドン外に出て行くような環境が出来上がってくると、ボランティア経験者は貴重な存在になっていくのではないかと思います。企業が、協力隊員を輩出するだけでは十分なCSR活動とはいえないと思います。協力隊の経験をさらに有効に使ってこそ、意味があるボランティア経験だったと言えるのです。
 ただ、企業側も、「2年間、どんなことをしてきたのか分からないから、帰国後の仕事に関しては2年前の能力をもとに判断して決めるしかない」という意見もあるようで、協力隊自らが、活動中などに自身の経験や行動を報告していくようにしないといけないでしょう。協力隊になった事が評価されるのではなく、協力隊になってどんな活動をし、何を残してきたのかが評価されるのですから。
 協力隊の3つの目的は、活動中も帰国後も、つまりこれから一生、私に課される課題なのかもしれない、と感じました。

0 件のコメント:

コメントを投稿