理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊 平成28年度秋募集(2016/10/1より募集開始) 体験談&説明会 開催予定日公開!
大阪以外の開催地・日程はこちら→http://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/index.html
 ・梅田
 10月1日(土)14:30~ 阪急グランドビル26階 
 10月6日(木)19:00~ アプローズタワー10階 
 10月13日(木)19:00~ BREEZE BREEZE8階 
 10月22日(土)14:30~ 大阪富国生命ビル12階
 10月28日(金)19:00~ 阪急グランドビル26階
 ・天王寺
 10月8日(土)14:30~ あべのベルタ3階
 10月19日(水)19:00~ あべのベルタ3階
 ・堺
 10月16日(日)14:30~ 堺市立国際交流プラザ6階
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2010年9月11日土曜日

第25回日本国際保健医療学会学術大会 1-1

 初日の今日は、午前中はシンポジウム「大規模自然災害に立ち向かう 人道・人倫・人知」、お昼はポスター発表、午後からは特別企画「アフガンとの約束」に行ってきました。会場では、先日ファシリテーター養成講座で知り合った先生方や、先輩JOCVや、来年駒ヶ根で一緒に訓練を受ける同期JOCVの先生にお会いすることができました。また、先日、長崎大学大学院の説明会に行ったときに在校生代表でお話されていた先輩JOCV(看護師)の方もいらっしゃっていて、声をかけて下さいました。
 シンポジウムでは、シンポジストとしてJICAの国際緊急援助隊(JDR)として活動した医師、自衛隊の医療援助の統括をした医師、赤十字の救援活動に参加した看護師、と言った方々のお話を聞きました。5人中4人はハイチの地震で活動された経験を話されました。
 まず最初にJDRが現地に入り、その後自衛隊、そして赤十字と医療援助を引き継いでいったそうです。地震直後は、ほとんどが外傷患者であり、その65%が感染を伴う外傷であったそうです。よって処置に時間がかかり、一時間に診れる患者の数は数人だったとのことでした。感染を伴う外傷の例として、傷の奥深くで、うじ虫が隠れている写真があったり、骨まで露呈した皮膚欠損のある写真もあり、衝撃的でした。感染創を洗浄・デブリするための麻酔は日本は局所麻酔しか持っていないので、ケタミンという全身麻酔薬を国連や隣のドミニカ共和国にもらって対応していた、とのことで、各国から集まる医療チームは協力し合って活動を行っている例も知ることができました。逆にレントゲン撮影装置とエコーは日本しか持っていなかったので、他国の医療チームから撮影依頼が多くあったそうです。地震発生後、時間が立つに連れて処置に時間のかかる患者数は減少して、1時間に10~20人ペースで患者を診ることができるようになってきたそうです。2ヶ月後には地震と直接関係のない病気が多くを占めるようになり、公園で精神科の医師がカウンセリングを行ったりする光景が見られるようになった、とのことでした。最初に入ったJDRは前述のように外傷患者への対応に追われていましたが、最後の赤十字は、医療だけでなく、保健、水・食糧・住居など、様々なレベルでの支援を行いました。
 このような報告があった後、いろいろなディスカッションがありました。診療録(カルテ)の扱い、セキュリティーの問題、医薬品の問題、通訳の問題、現地人雇用の問題など。考えなければならないことはたくさんあるようです。私のような、国際医療援助に関して素人な人間の頭ではオーバーヒートしてしまいそうな程の情報量でした。目的が違えば方法も変わる。複雑な問題と常に付き合いながら活動するのが国際協力なんだなぁ、と思いました。
 午後からのプログラムについては後日書こうと思います。

2 件のコメント:

  1. 私など全くの門外漢だけれど、私自身も勉強になる内容だった。様々な出会いを通じて、人間関係が培われている様子、大変嬉しく思うばかり。次の内容も楽しみ。

    返信削除
  2. katabira no tsujiさん
    先生、ありがとうございます。今、福岡空港に到着し、時間までラウンジでくつろいでおります。
    今日もまた新たな出会いがありました。また、そのあたりも書こうと思います。

    返信削除