理学療法士→青年海外協力隊→臨床に戻り基本からやり直す(現在)→大学院?→日本の技術を世界へ
2011年3月11日より発生しました東日本大震災において、犠牲になられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。 また被災された方々に対しましては、お見舞い申し上げるとともに、一日でも早くの復興を応援・支援させていただきます。
2016年4月16日より発生しております熊本地震において、亡くなられた方に心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

<祝>当ブログの読者Y.Kさんが青年海外協力隊(24-1 モンゴル)に合格した、という非常に嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>当ブログの読者で青年海外協力隊を目指すMIDORIさんが理学療法士国家試験に合格した、というおめでたい知らせを受けました。もう同じ臨床家です。お互い頑張りましょう。
<祝>当ブログの読者KENJIさんが青年海外協力隊(25-2 タイ)に合格した、というまたまた嬉しい知らせを受けました。おめでとうございます。
<祝>募集説明会で体験談をお話させて頂いた方2名も青年海外協力隊(モザンビーク、ベトナム)に合格したと再会時に報告がありました。おめでとうございます。
<祝>2013年JOCVリハネットセミナーで私の活動報告を聞いてくださったA.Kさんも青年海外協力隊に合格されました。おめでとうございます。

青年海外協力隊 平成28年度秋募集(2016/10/1より募集開始) 体験談&説明会 開催予定日公開!
大阪以外の開催地・日程はこちら→http://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/index.html
 ・梅田
 10月1日(土)14:30~ 阪急グランドビル26階 
 10月6日(木)19:00~ アプローズタワー10階 
 10月13日(木)19:00~ BREEZE BREEZE8階 
 10月22日(土)14:30~ 大阪富国生命ビル12階
 10月28日(金)19:00~ 阪急グランドビル26階
 ・天王寺
 10月8日(土)14:30~ あべのベルタ3階
 10月19日(水)19:00~ あべのベルタ3階
 ・堺
 10月16日(日)14:30~ 堺市立国際交流プラザ6階
  *当ブログの作者(ドミニカ共和国、理学療法士)は今回の春募集では体験談を話に行くことができませんが、興味をお持ちの方はぜひお越しください。私に質問がある場合は、関連する記事のコメント欄に質問いただければ、回答いたします。

2010年9月25日土曜日

こちらの善意が、相手に迷惑になっていないか?


 以前書いた、パキスタン地震の際のPT・OTの活動について、疑問点を書きましたが、今日、その解答を実際に活動したPTのHさんに教えてもらいました。
 「女性がほとんど外出することのない地域で、女性障害者に対して外出訓練をした、という事だが、文化と逆行していないか?」
 その答えは、次のごとくです。
 「活動地が都心であり、女性は比較的外に出る方だった。また集団でやったので可能だった。もし、活動地が田舎の方だったら、外出訓練はできなかったでしょう」
 別の例ですが、当ブログの読者登録なさってくれている母校(高校)のkatabira no tsuji先生から聞いた話です。正確には覚えていませんが、理数科教師の途上国での活動の話だったと思います。子供に算数を教えるのですが、父親は算数ができません。父親は子供にとって偉大な存在である国で、父親よりも高等な教育を行うことは許されることなのか? その教師が行った教育方法は、「子供と一緒に父親にも教育を一緒に行う」という方法だったと記憶しています。(合っていますか?)
 こちらが良かれと思ってやる活動も、「配慮」を欠くと失敗することが多くあると思います。「配慮」のためには相手を知ること、相手を取り巻く文化や風習、環境を知ることが大切だと思います。そして「配慮」は何も国際協力に限った特別なことではありません。道を単に歩いているとき、人と単に話をするとき、どんなときにも「配慮」ができる人を私は尊敬します。
 来週、スリランカの理学療法士の方とお食事することになりました。お互いのことを良く理解できるように「配慮」(=ここでは準備と言い換えれましょうか)をして行きたい、と思います。

2 件のコメント:

  1. 父親は子供にとって偉大な存在である国で、父親よりも高等な教育を行うことは許されることなのか? その教師が行った教育方法は、「子供と一緒に父親にも教育を一緒に行う」という方法だったと記憶しています。(合っていますか?)
    長くなるので、私のブログで回答しますね。(笑)

    返信削除
  2. katabira no tsuji先生からの回答

    http://africaryu-kon-roku.blogspot.com/2010/09/blog-post_26.html
    先生、ありがとうございます。

    返信削除